21日アウガにて庁舎建て替え地に対し意見交換会が行われました。当日は130名の傍聴者となり市民の関心の高さが伺えました。
市側から今までの経緯、建て替えの必要性とタイミングそして建設場所については、候補地と選定した理由の説明を受けました。
市は現在の場所に建築することが、最も効率的で効果的とのこと
(予算面、スピード面、アクセス面、場所の認知度面等)
商工会青年部の対案では、建設場所に青森駅西口を提案しました。
理由としては、庁舎は、市のシンボルとなるもの、将来(100年後)も考え中心市街地活性化と同時に1つの建築物と考えず市全体のイメージを持って建設場所を考えるべきとのことでした。仮に駅西口に庁舎が建設となれば、駅の西東に新たに自由通路(建設予定中)も大いに生かされるうえに柳川庁舎、県庁、病院、デパート、商店街が今よりさらに集約し今後の高齢化社会に自家用車を使わず歩いて買い物が出来るウォーカブルタウンが実現される。さらに駅に直結した市庁舎は全国に例が無く実現すれば、全国に誇れるまちづくりとして注目を集めるだろうと建築デザイナーの隈研吾さん(当HPでも紹介)も言っているそうです。そして現在の市庁舎の一等地を売価却し安価な西口の土地取得となれば、差額を建設費に充当することができ市民負担が減るさらに国の進める中心市街地活性化事業のエリアの為国からの補助も見込まれると有りました。
これまで市側は、説明は十分してきたと主張してきました。
私たちは議員です。説明では無く、議論を求めているのです。
当然、そのつど市側の説明に異論や提案を述べてきましたが、なんら受け付けない姿勢でした。その証拠に当初の説明(2年程前)と現在の説明に変化は有りません。市側がこのような市民を交えた意見交換会を開催して頂いたことに感謝し皆さんと一緒に今後の青森市の将来を考えたいと思います。
131021_192804
******************************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文