IMG_1251
***************************************************************************
一般質問で子どもの権利条例についてとスポーツ振興についてを質問させて頂きました。
子どもの権利条例では、広く皆さんに条例の存在を認知して理解して頂く必要があります。
残念ながら青森市のレベルは、いまだその程度と私は、判断しています。今回は、条例を施行した市の責任から啓発活動により一層の取り組みを期待して質問と提案を致しました。
啓発ポスターにQRコードを添付するのもその一つで、これは今季中に取り組む事と成りました。
又、市長はじめ市幹部の皆さんの携帯電話に子どもの権利相談センターの情報を入れる様に促しました。以下、質問した文章です。3ヶ月後には、市、又は私のHPで動画が観れます。よろしけれは、観て頂けるとさいわいです。
*****************************************************************************
6番 自民党新青会 舘山善也です。通告に従いまして順次質問させて頂きます。
質問は大きく2つ 合計4点ご質問させて頂きます。
一つ目の質問は、子どもの権利条例について質問させて頂きます。
昨年の2013年5月に青森市は、子どもの権利条例を施行いたしました。
この子どもの権利条例は、青森県では、初、東北に置いても3例目と取り組んでいる自治体も少なく我が、青森市は先進的取組みと評価いたします。しかし視点を変えれば、社会認知、認識において発展途上にあるとも言える若い条例でもある為まだまだ啓発活動は必要と考えます。この条例をこれから成熟させ本当に当事者に役立たせる為には、取り巻く大人達の周知と理解度向上が必要であり条例を創り施行しただけでは、システムが出来ただけで何ら変わりません、条例を理解し活用してこそ本当の意義が有ると思います。対象と成る児童及び生徒、そして保護者、教職員の皆様に本条例を広く理解と存在を認知して頂きたい思いから条例施行1年経過した今、改めて青森市の取組みとお考えをお尋ね致し子どもの権利条例が本当に有意義な条例と成ることを願います。私の携わる青森市立古川中学校PTAに置いて、同様の趣旨から学校に協力して頂き昨年に引き続き自前でステッカーを作製し生徒達に贈呈をしております。ステッカーには、子どもの権利相談センターの電話番号、メールアドレス、住所等記載しており携帯電話からも読み取り易い様にQRコード(二次元バーコード)も添付致し、そのステッカーを生徒が毎日、教師とのコミュニケーションツールとして使う学年共通ノートの最終ページに張る事により周知して頂きたい考えから取り組んでおり今回は、4月の入学式終了後に参列した保護者の前で生徒達に贈呈式を執り行わせて頂きました。学校サイドでは大変協力的で日常の多忙教務の合間をぬってこの程のPTAの想いと本条例の理解を深める時間を生徒全員に与えて下さりそれにより生徒達の理解度も深まったようです。当PTA側としても感謝して居る処でありますが、目標は一部の学校、生徒のみだけではなく市内全域の対象となる皆さんに周知や理解の向上を求め条例を施行した青森市の責任も含めて、定期的接遇が必要と考えております。市もこれまでポスターやカード等作成し配布をして啓発活動に取り組んできた事は評価するところで有り承知しておりますが、なにか目新しさを感じません。そこで以上の事を踏まえご質問させて頂きます。
①市はこれまで、児童、生徒への条例の認知を高める為にどのような取組みを行って来たのか。又、啓発向上に向けたさらなる取組みがあれば、お聞かせ下さい。
②中、高校生を対象とした子どもの権利相談センターのPR配布ポスターにQRコードを用いて、携帯電話機に相談センターの連絡先等の情報を取り込ませてはどうかと考えるが、市の考えをお示し下さい。
この質問の背景と致しまして近年の携帯電話の生徒の所持率は中学3年で約50%程度、高校生においては100%近い数字とお聞きしました。その生徒達の所持している携帯電話に子どもの権利相談センターの情報を取り込ませる働きとポスターを家に持ち帰った際、保護者の方々にも同様に相談センターの情報を取り込んで頂くと、いざ必要な時に簡単に手持ちの携帯電話で対応が出来るのに加え一度携帯電話アドレスに入れた情報は、自ら削除しない限り電話の機種変更をしても有効に使えるに加え先に提案したQRコードの作成はインターネットにて簡単カツ無料で短時間での作成可能な為、取り入れて頂きたいと考えました。
****************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文