我が家の愛するホシガメが産卵しました。
4年連続、この時期に産卵していますが、無事に孵化できたのは,過去1回だけです。
今回は、試行錯誤の末にたどり着いた孵化器を自作成しました。
(自分では、かなりの満足度です)
・温度管理は電子サーモで管理。
・湿度の安定の為に全体用プールと卵のマット(ブリーダーズバーミ)に1:1.5のマット:水 さらに部位を電子湿度計で測定し湿度80%以上で管理しています。(水滴はNG)
・湿度60%以上でも良いそうですが卵の殻が固くなるそうで80%以上を心掛けます。
・写真に卵の上にラップをかけて湿度調整しています。(80%以上になるように)
・水滴は直接卵にかかると良くないと判断しています。(根拠はない)
・温度も30度以上でメスとなる様にしたいと考えています。
(青森市の外気温は30度以下の為、温度管理しやすい環境です)
・全体ケースの発泡スチロールの上部をくりぬき100円均の温度&湿度をケース全体を計測します。
*前回も1か月後にも再度産卵したのでスペースにゆとりを作っています。
無事に過ごせば4か月後の年末に子亀誕生です。楽しみ!
DSC_00931
DSC_00911

DSC_00921
*************************************
*写真、手前右下の穴は、卵を観れるのぞき窓兼換気ダクトです。

*******************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文