平成28年度第3回定例議会が終了致しました。
今議会の注目は、アウガに関連する条例案です。採決の結果、賛成23:反対11で可決となり、これによりアウガ倒産は、回避されました。
賛成した立場ですが、苦渋の決断でした。それは、条例の内容は、不十分であり、審議にも値しない内容であるからです。しかし、年間400万人が来場する(ちなみにアスパムで年間100万人)アウガが倒産となれば、1年以上も館が閉鎖となり、青森市の経済が大きく影響を受ける事態となります。
今回は、市部局の答弁で、『条例否決となれば、アウガは倒産します。』とあり、以前可決した、2億円の繰り延べ返済可決のような心境で賛成しました。
(関連内容として2016年9月12日に掲載しております。)
さらにアウガ、そして市長の動向を監視致します。
************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文