水球日本代表大本監督が青森県体育協会での指導者スキルアップ事業研修会で青森市を訪れました。
大本監督は日本水球男子を常識を覆す「超攻撃型」で2016年リオ・オリッンピックに32年ぶりの出場に導いた名将で、現在も東京オリンピックに向け精力的に活動をしております。
貴重なお時間の中、調整して青森市小野寺市長に表敬訪問していただきました。小野寺市長もアイスホッケー経験者ということもあり水球とルールが似ているところから友好な時間となりました。
大本監督と私は同い年で、酒の席では同世代の一体感が生まれ、日本代表監督の器の大きさと人間力に触れさせて頂きとても貴重な時間となりました。
今後の日本水球の発展を御祈念いたします。


****************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文