請願について(青森ねぶた誌)

請願第1号 小・中学校に青森ねぶた誌を活用した青森ねぶた教育を取り入れることを求める請願(その1)及び
請願第2号 小・中学校に青森ねぶた誌を活用した青森ねぶた教育を取り入れることを求める請願(その2)
の2つの請願が今定例議会に提出されています。
請願内容は、青森市が発行した『青森ねぶた誌』を活用して小・中学校の教育に取り入れ同時に教職員の研修資料にして欲しいとのことです。
私たち青森に居住する者として青森ねぶたは郷土の文化・伝統であり、それを継承・発展することは、多くの皆さんが、当然のことと捉えていると思います。
しかしこの『青森ねぶた誌』と言う書物は平成12年の15年も前に発行し青森市内の小・中学校に配布したが現在33校しか所在がされていない現状です。教育委員会にどのように学校間を公平にするのか?と聞くと学校間を郵送か一部コピーするなど取組み姿勢に疑問がありました。
そして請願の趣旨では、一部要約いたしますと「地域、町会ねぶたが盛んだった時代とは異なり近年は、はやし方のなり手も少なく、ハネトの参加者も減少しており、後継者不足が深刻化している」とあります。青森市発表のねぶたハネト参加者推移は過去5年間で昨年度が1番多く参加しており、むしろそのことから時間内にネブタがコースを周り切れないことが、問題視されております。又、各町会でも熱心に育成に励み市も補助金を出している現況において本請願者の趣旨にも疑念があり、本請願を採択することは、今まで一所懸命に地域ネブタに取り組んできた方々を否定することにも繋がると考えます。(古川地域ねぶたは13年目となります)
さらに今年8月には青森ねぶた誌増補版の予定が有ります。それを活用したほうが、全学校に青森ねぶた誌増補版が行き渡り教育の資料を公平に活用することには、なんら異論はございません。新たな青森ねぶた誌増補版の発行を待ってから活用を検討すべきと考え、この請願には反対いたします。
そしてさらに疑念となるのが、委員会の再開です。
この請願の取り扱いは文教経済常任委員会です。3月8日に開催された常任委員会では説明する内容が乏しいと継続審査となり結論を持ち越しました。通常は来月の常任協議会での審査及び次回の6月議会での審議となるのですが、請願紹介議員の呼び掛けで委員会議員の1/2以上の署名により委員会再開となりました。(3月18日-金曜日の16時開催)ルール上の行為に異論は有りません。確かに過去に2回、私の在任中にも再審査で委員会を再開したことはあります。しかしその案件はいずれも条例案で、その採決によっては青森市の行政に影響が及ぼす怪訝があったために再開したものであり今回の請願に対してとは内容が違います。
なぜ急いで審議するのか?重要性を教えて欲しいと聞くが『議会開会中だから』としか返答がありませんでした。
委員のなかには、請願と条例案の重要性の違いを理解頂けない発言もあり悲しくもありました。
常任委員会の議決は重いものです。市議会議員が市民・会派を代表して臨む重要な委員会です。行政への影響・重要性も考えず、自分の意としない採決なら、委員会議員の1/2以上の署名を集め再開する行為は、常任委員会の議決そのものが薄れてしまうと私は考えます。
又、今回の日程により事務方の休日は返上です。(議事録の作成により)
議員の権利だから?議会のルールだから?疑問が残ります。
******************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

敬愛する恩師-月永良彦 教育長

昨日、予算特別委員会の休憩中に先月ご勇退された前・月永教育長が各議員控室を周られていた。最後の挨拶にと、糖尿病を患っていて足取りも覚束ないのに、その律儀な姿勢に教育長の人柄が伺えました。
市議会議員となり月永教育長に挨拶に伺うと『あなたが議員になって嬉しい』と喜んで下さった笑顔、その笑顔に何度も勇気付けられ今日があります。
朝野球大会の開会式(早朝5時)、学童水泳大会にも毎年欠かさず、ご祝辞を賜わりありがとうございます。
これからも先生を慕う多くの教え子に教育という光の道しるべとして、ご尽力賜りたいと思います。
小学校時代の卒業アルバムを開くと若き日の月永先生が今も変わらぬ笑顔でいる。
***********************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

古川中学校卒業式

第67回 青森市立古川中学校卒業式が本日挙行されました。
卒業生117名の門出を祝し在校生の一生懸命な歌声が印象的で感動の卒業式となりました。
本日、卒業する保護者、関係者の皆様方、大変お疲れ様でした。
ご卒業おめでとうございます。
DSC_0015 (2)
DSC_0014

******************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

青森市観光ナビ

青森市の新たな取り組みで「青森市観光ナビ」を導入いたします。
以前、私が委員会で提案したのと同じ規格で嬉しい限りです。
青森市を訪れる観光の方々に役立ち、青森市経済に寄与出来る事を願います。
DSC_0002 (2)
***************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

一般質問

本日、一般質問で議場登壇いたしました。檀上からの質問内容は以下の通りで原稿です。
再質問での内容と印象は後程ご紹介させていただきます。
***************************************************************
2016年3月  平成28年第一回定例議会一般質問
6番 自民清風会 舘山善也です。
質問の前に所見を述べさせて頂きます。
後にも述べますが、昨日、水球男子日本代表オリンピック出場選の発表があり青森市出身の飯田純士選手が代表メンバー入りをはたしました。飯田選手含む青森市にゆかりのある選手のオリンピックでの活躍をご祈念申し上げます。
それでは、通告に従いまして順次質問をさせて頂きます。
一つ目の質問はスポーツ振興について質問させて頂きます。
今年2016年夏、第31回夏季オリンピック競技大会、第15回パラリンピック競技大会が南米初となるブラジル・リオデジャネイロで開催いたします。オリンピック競技大会の日程は8月5日から21日、43種目306競技、パラリンピック競技大会は、ひと月後れの9月7日から18日、23種目528競技の予定です。オリンピックは平和の祭典とも言われオリンピック・シンボルの5つの輪には「全世界の人たちが平和の精神のもと、スポーツで手をつなぎ合おう」という意味があるそうです。そのオリンピックに水球男子日本代表チームが32年ぶりの快挙となるロサンゼルスオリンピック依頼の出場が決定しました。水球競技は日本では、まだまだマイナーに位置するスポーツでありますが、ヨーロッパ諸国では国技としている国もあり人気の高いスポーツであります。競技としては、プールに30M×20Mのラインと、サッカーの様なゴールを浮かばせ7人対7人で得点を競うゲームで、水深は2M以上で足を床につくことはできず、ゲーム時間は、8分×4コーター、反則や得点、コータータイムでは時間計測が止まる為、約1時間ものあいだ選手はプールで浮いた状態となります。また 選手間のポジション争いでの攻防は激しく水中の格闘技とも言われているハードな競技でもあります。その水球男子日本代表選手が昨日発表され、みごと青森市出身の飯田純士選手が選ばれました。強化代表コーチの同じく本市出身の葛原浩君も代表コーチに選抜さることを楽しみにしています。この2人は青森市出身で青森県立青森商業高校-水球部出身でございます。そして先程のべました、32年前のロサンゼルスオリンピックには、やはり青森商業高校出身の当麻成人-先輩が水球男子日本代表キャプテンとして出場しております。
そして私も青森県立青森商業高等学校-水球部出身であることをご紹介させて頂きます。
このロサンゼルスオリンピック当時、私は高校生であり出身高の先輩がオリンピックに出場したのを、いまだ鮮烈に記憶しおり、誇りに思っております。青森市は過去に飯田選手を含め水球男子日本代表を6名輩出しており日本代表水泳競技トレーナーも青森市から、そして水球競技レフリー資格のライセンスは10名と東北のなかも群をぬいて充実しております。このように青森市出身者が大きく水球競技に関わっており近年のJr水球も全国優勝含む好成績を出しているのも青森出身者の監督、コーチ、トレーナーの指導によるものでございます。
青森の遺伝子が継承され現在の日本水球があると私は思います。
青森市に大きくゆかりのある競技ということを皆様方にお伝え、させて頂き是非とも水球男子日本代表『ポセイドン・ジャパン』の応援を宜しくお願い申しあげます。そして代表選手を目標に、早くも東京オリンピック出場に向けJrへの取組みが全国で行われております。オリンピックは競技力発展に伴い健全な精神の育成に繋がります。本市においても未来の宝物である中学生の環境整備にさらに取組むことは大切なことと思い質問させて頂きます。
*中体連体育大会期間中における中学生の市営バス利用料金の軽減について企業局交通部におたずね致します。この質問の主旨として民間バス料金高騰において各学校、保護者の負担が増加しており以前、議会でもとり上げておりました。又、生徒間でも運動部、文化部、部活に属していない生徒間の民間バスの利用度の違いを公平化する為と中学生が公共バスを利用して各会場を、選手の立場、応援の立場で移動することは、みずから市営バスを利用するという生徒の考えるキャリヤ教育にもなり、同時に学校間の生徒間交流に繋がると考え、中体連体育大会期間中の中学生の市営バスの利用料金を無料もしくは軽減しては、いかがと考え提案と質問させて頂きます。
次にまちづくりについての項目 アウガ内にまちなか保健室の設置について質問させて頂きます。
昨年、平成27年第3回定例議会(9月議会)においてアウガ内にまちなか保健室の設置に伴う予算が議会からの付帯決議をへて可決いたしました。当初、市当局は平成28年1月の開設を予定しておりましたが、付帯決議の「アウガ再生プロジェクトチームの提言を踏まえてアウガ以外への設置も視野に入れ柔軟性を持って対応する」に従いアウガ再生プロジェクトチームの提言を待っており昨年12月の平成27年 第4回定例議会・予算特別委員会では、まちなか保健室開設に向けた準備はしていないと答弁がございました。その12月末にアウガ再生プロジェクトチームの提言(以下プロジェクトチーム提言と言う)がアウガを管理運営する青森駅前再開発ビル株式会社に出され今年2016年1月8日にプロジェクトチーム提言が青森市長に提出されました。そして1週間後の2016年1月14日、鹿内市長は提言書の内容に整合性が取れるとして今年3月に当初の予定通りアウガ5階にまちなか保健室の開設をする発表いたしました。私はまちいなか保健室の機能そのものを否定しているのではありません、むしろ、まちなか保健室の機能そのものは本市の短命市や健康寿命を鑑みれば啓発して行かなければならないと私は考えております。しかし、今回の市の決定と運びに疑問があり市民の目線で質問させて頂きます。
*県が国の地方創生交付金(市と同じ交付金)を充て2015年11月にアウガ2Fに『まちなかつどいの場あったかふれあいサロン』を開設致しましたが、本市が開設しようとしている、まちなか保健室との違いを教えて下さい。
*平成27年第3回青森市議会定例会(9月議会)での付帯決議をどの様にとらえているのか、本市のお考えをお聞かせ下さい。*アウガ5階に開設を決めた理由についてお尋ねいたします。
*平成27年第3回青森市議会定例会(9月議会)の提案の際、アウガ内の開設は『アウガの活性化に資する』と有りましたが、現在もそのお考えに変更はありませんかお示し下さい。
次にアウガの体制について 質問させて頂きます。
2015年7月7日、アウガを管理運営する青森駅前再開発ビル株式会社人事に置いて代表取締役
会長に鹿内青森市長、代表取締役社長に佐々木副市長、そして、その他役員も市役所OBとなる体制を発表されました。本腰を入れてアウガに取り組む市の姿勢に賛否両論あるなか、鹿内市長の本気度が伺えました。が、しかし途中から当初の勢いは陰りを見せ、とうとう今年、2016年2月15日にはアウガを管理運営する青森駅前再開発ビル株式会社の代表取締役会長の辞任を唐突に発表してしました。在任期間はわずか7か月であります。
以上を踏まえてご質問させて頂きます。
*鹿内市長が、アウガを管理運営する青森駅前再開発ビル株式会社の代表取締役会長を辞任した理由をお聞かせ下さい。(7か月間で辞職)
*鹿内市長の会長職辞任に伴い、中心市街地再生支援室の事務を両副市長の共管とした理由を、お尋ねいたします。
質問は以上7点ご質問させて頂きます。
市長はじめ理事者の皆様の誠意ある御答弁をお願い申し上げ私の檀上からの質問を終えます。
永らくのご清聴ありがとうございました。
********************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文