青森駅-予算に対する附帯決議

青森駅周辺整備推進事業関連経費に対し附帯決議が議会の意思で可決いたしました。
(賛成21-反対13)*議長は採決に加わらない
JR、県と協議し基本協定を結ぶまで約2ケ月の時間があり、その間、駅周辺住民への説明会、市民から意見の聴取、有識者との議論、そして市議会の意見を聴く事を提示ました。
反対議員の考えでは『基本協定に反映される担保が無い』とのことでした。日頃から市民意見を大切に活動をしてきたはず、反対する理由がわからない。
*****************************************************************
予算に対する附帯決議
a href=”http://tateyama448.jp/?attachment_id=3975″ rel=”attachment wp-att-3975″>DSC_00011
DSC_0010
****************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

<

請願について(青森ねぶた誌)

請願第1号 小・中学校に青森ねぶた誌を活用した青森ねぶた教育を取り入れることを求める請願(その1)及び
請願第2号 小・中学校に青森ねぶた誌を活用した青森ねぶた教育を取り入れることを求める請願(その2)
の2つの請願が今定例議会に提出されています。
請願内容は、青森市が発行した『青森ねぶた誌』を活用して小・中学校の教育に取り入れ同時に教職員の研修資料にして欲しいとのことです。
私たち青森に居住する者として青森ねぶたは郷土の文化・伝統であり、それを継承・発展することは、多くの皆さんが、当然のことと捉えていると思います。
しかしこの『青森ねぶた誌』と言う書物は平成12年の15年も前に発行し青森市内の小・中学校に配布したが現在33校しか所在がされていない現状です。教育委員会にどのように学校間を公平にするのか?と聞くと学校間を郵送か一部コピーするなど取組み姿勢に疑問がありました。
そして請願の趣旨では、一部要約いたしますと「地域、町会ねぶたが盛んだった時代とは異なり近年は、はやし方のなり手も少なく、ハネトの参加者も減少しており、後継者不足が深刻化している」とあります。青森市発表のねぶたハネト参加者推移は過去5年間で昨年度が1番多く参加しており、むしろそのことから時間内にネブタがコースを周り切れないことが、問題視されております。又、各町会でも熱心に育成に励み市も補助金を出している現況において本請願者の趣旨にも疑念があり、本請願を採択することは、今まで一所懸命に地域ネブタに取り組んできた方々を否定することにも繋がると考えます。(古川地域ねぶたは13年目となります)
さらに今年8月には青森ねぶた誌増補版の予定が有ります。それを活用したほうが、全学校に青森ねぶた誌増補版が行き渡り教育の資料を公平に活用することには、なんら異論はございません。新たな青森ねぶた誌増補版の発行を待ってから活用を検討すべきと考え、この請願には反対いたします。
そしてさらに疑念となるのが、委員会の再開です。
この請願の取り扱いは文教経済常任委員会です。3月8日に開催された常任委員会では説明する内容が乏しいと継続審査となり結論を持ち越しました。通常は来月の常任協議会での審査及び次回の6月議会での審議となるのですが、請願紹介議員の呼び掛けで委員会議員の1/2以上の署名により委員会再開となりました。(3月18日-金曜日の16時開催)ルール上の行為に異論は有りません。確かに過去に2回、私の在任中にも再審査で委員会を再開したことはあります。しかしその案件はいずれも条例案で、その採決によっては青森市の行政に影響が及ぼす怪訝があったために再開したものであり今回の請願に対してとは内容が違います。
なぜ急いで審議するのか?重要性を教えて欲しいと聞くが『議会開会中だから』としか返答がありませんでした。
委員のなかには、請願と条例案の重要性の違いを理解頂けない発言もあり悲しくもありました。
常任委員会の議決は重いものです。市議会議員が市民・会派を代表して臨む重要な委員会です。行政への影響・重要性も考えず、自分の意としない採決なら、委員会議員の1/2以上の署名を集め再開する行為は、常任委員会の議決そのものが薄れてしまうと私は考えます。
又、今回の日程により事務方の休日は返上です。(議事録の作成により)
議員の権利だから?議会のルールだから?疑問が残ります。
******************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

敬愛する恩師-月永良彦 教育長

昨日、予算特別委員会の休憩中に先月ご勇退された前・月永教育長が各議員控室を周られていた。最後の挨拶にと、糖尿病を患っていて足取りも覚束ないのに、その律儀な姿勢に教育長の人柄が伺えました。
市議会議員となり月永教育長に挨拶に伺うと『あなたが議員になって嬉しい』と喜んで下さった笑顔、その笑顔に何度も勇気付けられ今日があります。
朝野球大会の開会式(早朝5時)、学童水泳大会にも毎年欠かさず、ご祝辞を賜わりありがとうございます。
これからも先生を慕う多くの教え子に教育という光の道しるべとして、ご尽力賜りたいと思います。
小学校時代の卒業アルバムを開くと若き日の月永先生が今も変わらぬ笑顔でいる。
***********************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

古川中学校卒業式

第67回 青森市立古川中学校卒業式が本日挙行されました。
卒業生117名の門出を祝し在校生の一生懸命な歌声が印象的で感動の卒業式となりました。
本日、卒業する保護者、関係者の皆様方、大変お疲れ様でした。
ご卒業おめでとうございます。
DSC_0015 (2)
DSC_0014

******************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

青森市観光ナビ

青森市の新たな取り組みで「青森市観光ナビ」を導入いたします。
以前、私が委員会で提案したのと同じ規格で嬉しい限りです。
青森市を訪れる観光の方々に役立ち、青森市経済に寄与出来る事を願います。
DSC_0002 (2)
***************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文