現在青森市が取り組んでいる事業に
中心市街地活性化とそれに付随してウォーターフロント地区事業等有ります
簡単に言うと新町を人でにぎあわせたい!です。
新町には、色とりどりな イベント施設があります。
(アウガ、ワ.ラッセ、Aーワクトリー、八甲田丸、アスパム 等)
今回 提案として八甲田丸からアスパム方向へ渡る橋(ラブリッチ)
の橋げたを網で塞ぎ
そのラブリッチで湾を囲み Aーフクトリーから ワ.ラッセ と大きなイケスを造り
そこにイルカを泳がせては と考えました。
浅虫水族館のイルカで芸(飛んだり跳ねたりする)をするのは若いイルカで
高齢イルカは、水族館隣りのイルカ館で余生を過ごすそうで
その高齢イルカを連れて来たらと良いのでは、また八甲田丸にはイルカが描かれており
『イルカが待っている駅』と全国に発信出来ると考えました。
我ながらナイスアイデアと思い 早速 浅虫水族館にアポを入れ視察して来ました。
結論は、残念な結果でした。
理由は、浅虫水族館のイルカは、和歌山からのイルカで15度以下の飼育は無理だそうです。
残念!イルカを見に子供連れの家族や若者達の笑顔を想像して一人喜んで居たのに!!
もう少しアイデアを成熟させます!

************************************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


*****************************************************************************

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文